薄毛になる原因

「髪の毛が薄くなる」といった状態になる方が最近増えていますが、髪が細くなったり、抜け落ちたりと正常な成長をしなくなるのがずっと悩んでいますね。これから薄げの原因を紹介させます。

薄毛の原因が複雑ですが、大きく分けて大体三つがあります。

まず、ストレスによって、心や体にも悪影響を及ぼします。薄毛や抜け毛にとっても例外ではないです。ストレスが自律経やホルモンバランスを乱し、血流が悪化すると、髪をつくる細胞が働かなくなって、毛根に栄養分を十分運べない状態となります。サイクルを終える前に抜け落ちてしまうようなこともあります。

そして、食事の不注意なら、ビタミンやミネラル成分は十分に摂取できない場合が多いです。ビタミンが髪の毛の生成に必須とされる栄養剤ですから、摂取なければ毛が成長できません。また卵や肉といったものには、髪の毛をつくるタンパク質が含まれているので、十分に摂取しないと、髪が細くなることで、抜けやすい状態になってしまいます。

また、紫外線で髪が傷みがちになります。紫外線により頭皮がもろい状態になってしまっているから、髪の毛が抜け落ちてしまっているのです。ですから、髪の毛ばかり、一生懸命トリートメントをする方が多いのですが、頭皮にも適切なケアが必要です。

薄毛というと中高年の悩みのように思われがちですが、もっと若い年代の人たちにとっても深刻な悩みになっています。薄毛の原因をよく知り、自分の症状に応じて治療してください。