育毛剤ロゲインの成分と効果

発毛に抜群の効果を発揮するミノキシジルを配合した元祖AGA治療薬が「ロゲイン」です。ロゲインは液状タイプの薬のため、薄毛の気になる箇所に直接薬を塗布することで発毛・育毛の効果が期待できます。

ロゲインの成分と効果

配合されている主成分のミノキシジルはもともと、高血圧症のため作られた血管拡張剤です。その後副効果で脱毛症の改善や体毛が濃くなる症状がみられるようになり、再度発毛・育毛剤として研究されロゲインが誕生しました。

その効果は頭皮へ塗ることで血管を拡張させ(高血圧治療にも有効な血管拡張作用)、血流を良くします。薄毛の原因は頭皮の血流の悪さや、それにより栄養が十分髪に行き渡っていない、頭皮が清潔ではない、毛穴に皮脂が詰まっている、などいくつかの要素が関わっているのです。

ロゲインではそのうち頭皮の血流を改善することと、それに伴い栄養を十分に行き渡らせる事が出来ます。AGAの発症により細く短い髪が、長い・太い・ツヤのある髪に成長するのはこのためです。確認してみていただきたいのですが頭皮が固くありませんか?これは血流が悪い証拠です。

そして他の育毛剤に使われている成分とは違い、ロゲインの主成分であるミノキシジルには「発毛を促進させる」効果もあります。それによりヘアサイクルの乱れで生えてこなくなった休止期の毛穴も活性化するのです。

・ロゲインの副作用

ロゲインには副作用もあります。どちらかというと育毛剤としての効果ではなく、降圧剤としての効果によるものが多いでしょう。それが「血圧の低下」です。血管を拡張する事で血圧を低下させる薬のミノキシジル。そのため低血圧の方が使うと気分が悪くなったりめまいを起こす可能性があります。

血圧の低下以外に起きるものとしては頭皮トラブルが多いです。原因はロゲインの添加物がほとんどですが、ミノキシジル自体にアレルギー反応が出てしまう可能性もあります。症状としてはかゆみ・かぶれ・発疹などが出来る、ふけが生じる、使用した部位に熱を感じるといったものです。