こんな症状が出たら注意

一般的には医療薬品の育毛剤はそんなに大きな副作用ほとんどないと言われていますけど、育毛剤は数十類の成分から配合して、誕生するものです。その数十類の成分中で、何か人体に合わない、あるいは、害があるものがないとも言えません。抜け毛、頭痛、めまい、かぶれ、むくみ、体重増などの副作用が引きこす場合もあるので、特にミノキシジルなどを配合した医薬品育毛剤では、症状が発生するリスクが高まります。ご注意してください。

初期脱毛
初めは、育毛剤を使用すると、副作用で毛が抜ける「初期脱毛」と呼ばれる症状の現れる人がいます。現在、ネットで話題になるので、一定数の人にこの抜け毛の症状が出ていると思われます。しかし、これはあくまで「初期症状」です。はじめこそ抜け毛が多くなるから驚かなく、いられません。毛が抜けた後に生えて、次第に抜け毛の量も減ります。

顔の発汗や頭皮のかぶれ
有効成分に「ミノキシジル」を含まれる育毛剤では、顔の発汗や頭皮に湿疹が出る人大部分が存在しています。代表的な育毛剤は「ロゲイン」や「リアップ」を例として、これはミノキシジルの血管拡張作用により起こる副作用です。ミノキシジルには血圧を下げる効果もあるため、低血圧の人には注意が必要です。ミノキシジルのように肌が拒否反応を示す場合、化学添加物が含まれている育毛剤である可能性が高いです。発汗や湿疹以外にも、ニキビや吹き出物、かゆみなどのアレルギーがあらわれ、ひどい場合には皮膚が剥けてしまうこともあります。それで、育毛剤を使用する前には、必ずパッチテストを行って肌の反応を見ることがとても必要です。

男性機能障害の恐れ
男性型脱毛症に対応した商品の中で、勃起不全や精子の減少など男性機能の低下が副作用として報告されています。これは男性ホルモンの一種DHTを阻害する作用があります。

女性がふれるだけで胎児への悪影響
「フィナステリド」系の育毛剤は、妊娠中の女性が接触すると胎児に悪影響を与える可能性があるとされています。フィナステリドは成人男性専用商品の一部で用いられていますが、女性用には含まれていないため、通常は問題ありません。未成年者や女性の使用を禁止している場合、思わぬ副作用が起こる場合があります。注意してください。

我々の健康のために、最初から天然由来成分のみで作られた無添加の育毛剤を選ぶのがおススメです。